コードバン(cordovan)

  • Post Category:ブログ
"革の王様"と呼ばれる「コードバン(cordovan)
と称される最高級革があるのをご存知だろうか。

「コードバン」とは、農耕馬のお尻の一部から採れる革のこと。
現在では、農耕用の馬というのは生産されておらず、食肉用としてごく少数生産されている馬から採られている。

世界でも1カ月に数千頭分ほどしか採れないと聞けば、その希少価値の高さがわかってもらえるはずだ。
 

その革を扱うタンナーは日本とアメリカにしかない。


それが兵庫県姫路市にある【新喜皮革】
新喜皮革のなめし工場を入ると、まず目に飛び込んでくるのが、
何層もの木製のプールのような設備。
これは“ピット槽”と呼ばれ、中にはタンニンなめしに不可欠な、
アカシアの木から抽出されたタンニン液が入っている。
動物の革は、そのまま放置しておくと硬くなったり、腐ってしまう。
そこで「なめし」という行為により、
その劣化や腐敗の原因となる皮のコラーゲン繊維を他の成分と結合させることで、
しなやかで強度のある、安定した“革”へと生まれ変わらせる。
(雑誌CLUTCHより)

そうして作られた新喜皮革の革を使った
サムライクラフトのロングウォレット。

特長としては、繊維が細かいため傷が付きにくいことが挙げられる。
それでいて、表面を革で守られていたことから手触りがしなやかで繊細、という相反する特長を備えている。

長く使い込むほどに独特の風合いが出てくる。
手入れの仕方や環境によって唯一無二の色合いに変化していく。
そんな革の"味"を楽しめる。
サムライクラフトのコードバン関連商品はこちらから。