【Blog】 ウォレットに施される オーバーレイ技法

  • Post Category:ブログ

寄せ集められたこのロングウォレットに共通する技法。

クニャクニャと独特のカーブを描いている配色革。
これが「オーバーレイ」と呼ばれる技法だ。

モデル「A-2」フラップレスの後頭部にもオーバーレイ。
ラウンドファスナーでは標準装備となるジョイントパーツも
オーバーレイの1つとしてカスタムオーダー可能。

モデル「A-1」には
昨日のブログでもご紹介したヴォーノアニリンをオーバーレイ。
職人の間では「補強」と呼ばれ、ウォレットの耐久性と
デザイン性を上げてくれる技だ。

対角線上に施したオーバーレイは、フラップまで一体となり
ボタンを閉じた時のアクセントにもなる。

モデル「A-2」。
フラップ側のオーバーレイを閉じるとこうなる訳だ。

ついでに。
内側の革をナチュラルで仕上げたバイカラーウォレット。
最下部の革にネイビーを採用することで、統一感を出している。
ウォレットも洋服やバッグのようにコーディネートできたら
最高に楽しい。贅沢の極みかもしれない。
ウォレット オーバーレイ
JUGEMテーマ:最恐の革小物!